バルミューダ(BALMUDA)のトースターで無償製品交換プログラム実施中

投稿者: | 2018年11月8日

こんにちはLindenです。我が家で3年半前から愛用しているバルミューダのトースター「BALMUDA The Toaste」で無性製品交換プログラムが行われています。10月1日からこの交換プログラムをやっていたみたいですが、全然気づきませんでした(汗)。私の場合は購入したヨドバシから直接DMがきたおかげで気づけたのですが、あまり話題になっていなかったので過去に購入した方は交換対象型番かどうかを是非チェックしましょう。私のように対象の製品を使っていた場合は無償で最新モデルに交換してもらえます。

バルミューダ ザ・トースター無償製品交換プログラムのお知らせ

 

バルミューダからの公式アナウンス

バルミューダ株式会社より、「BALMUDA The Toaste」の無償製品交換プログラムがアナウンスされたのは10月1日です。

弊社製品のトースター「BALMUDA The Toaster」(対象型番:K01Aシリーズ / 2015年発売、2017年1月生産終了)において、スチーム機能に不具合が生じることが、一部の製品において確認されました。また、不具合が生じている製品を継続して使用した場合、ごく稀に漏電に至る可能性があることも判明いたしました。
この不具合による重大製品事故は発生しておりませんが、ご愛用のお客様に今後も安心して製品をご使用いただくため、対象となる BALMUDA The Toaster(型番:K01Aシリーズ)を現行製品(型番:K01Eシリーズ)に無償にて交換いたします。

バルミューダのホームページを参照する

スチーム機能の不具合漏電のリスクがあるということですが、いまのところ重大事故は起きていないようです。スチーム機能に不具合があるということでしたが、使っていて全く不具合を感じませんでした。3年半使ったものが新しいものに無償で交換してもらえるのでラッキーです。

 

バルミューダ ザ・トースターの交換対象型番

BALMUDA The Toaste(バルミューダ ザ・トースター)」の交換対象型番は2015年モデルの「K01A-KG」、「K01A-WS」、「K01A-GW」です。3年半前くらいに購入した我が家のトースターは「K01A-KG」で交換の対象でした。

交換対象の型番
・K01A-KG
・K01A-WS
・K01A-GW

 

バルミューダ ザ・トースター製品交換の申し込み先

こちらの公式ホームページで申し込みをすると、3〜4週間程度でヤマト運輸が新しい製品を届けてくれます。ヤマト運輸の配達員がその場で今まで使っていたトースターを引き取ってくれます。現行の最新シリーズ(型番:K01Eシリーズ)の同色モデルと交換してくれます。

 

対象製品の確認方法

お持ちの製品が対象製品かどうか、製品本体背面にあるシールを見るとすぐにわかります。念の為、電源プラグを抜き、本体が室温の状態時に行ってください。
「スチームトースター」以降の 「K01」から始まるコードが型番となります(以下の写真は私の使っていた「K01A-KG」です)。

対象製品の確認方法

 

あとはクラシックモード(お餅やグラタンなどを焼くモード)がW(ワット)表示から温度表示に変更されていますので、お使いの製品の表示がW(ワット)になっている場合は要チェックです。交換して届く最新型モデルの場合、到達温度が170℃、200℃、230℃になるよう制御されており、トースター調理がより行いやすくなっています。

2015年発売モデルと2017年春発売モデルの違い

バルミューダのトースターでいつものパンをワンランクアップ

今回は無償製品交換についてのお知らせでしたが、そもそもバルミューダのトースターはかなりおすすめです。トースターにしては高級品ですが、これまでのトースターとは明らかに違う焼き上がりを感じられます。水を入れて焼き上げるスチーム機能と、的確な温度制御がポイントです。

バルミューダのトースター

またパンの焼き方種類によって5種類ものモードがあり、バルミューダのパンへのこだわりと愛情を感じます。私の妻はパンを作るのが趣味なので、食パン以外にもクロワッサン生地やフランスパンのような生地の創作パンを作ってくれます。パン屋で買うパンもそうですが、焼き方までこだわるといつものパンがワンランクアップして朝食から贅沢な気分になれます。

バルミューダ – 5つのモード

 

バルミューダのトースターをお持ちの方は今回の無償交換プログラムの対象かをチェックするとともに、まだ持っていない方は是非こちらの製品をチェックしてみてください!!朝のパンを美味しく焼き上げて1日の良いスタートを切りましょう。