CCNA/CCNPを取得する必要は本当にあるのか?

投稿者: | 2019年1月5日

ネットワークエンジニアを目指したときにシスコの資格取得を目指す人が多くいます。このページにたどり着いた人もCCNAやCCNPの取得を検討していたり、すでに挑戦している人だと思います。

そんなあなたに質問したいのですが、なぜCCNAやCCNPを取得するのでしょうか?

 

CCNA/CCNPの市場価値は下落中

シスコの資格価値はひと昔に比べて落ちています。

未経験の人が勉強したことをアピールするために取得するならまだしも、昔のように経験者が持っているだけで評価される時代は終わり、より実績や経験が重視されるようになっています。

その原因はシスコ資格の市場価値が落ちていることが一因となっています。

市場価値の低下について詳しくは下記の記事でまとめていますので併せて参考にしてください。

ネットワークエンジニアとしてシスコ資格を取るべきか

 

CCNA/CCNPは開き直って「取得」だけを目的にするのもOK

CCNAやCCNPの市場価値が下がっていても、依然として全く無価値なものではありません。

会社によっては今でも転職のカードに使えることは確かなので、ケースによって取得すること自体は悪いことではありません。

CCNAやCCNPを利用して自分のキャリアアップに利用できる場合は、あえて目的を”取得”だけに絞って短時間でサラッと取ってしまいましょう。

ネットビジョンアカデミーさんのような未経験でも全て無料(試験費用だけ実費)で取得サポートをしてくれるサービスや、クラムメディアのような安直な模擬試験を受けられるサービスを活用することをオススメします。

未経験からネットワークエンジニアになる方法と、ネットビジョンアカデミーさんについての記事はこちらを併せて参考にしてください。

未経験で勉強してからネットワークエンジニアになる方法(しかも無料)

 

CCNA/CCNPを真面目に勉強するのがオススメ

CCNAやCCNPは体型的にネットワークのことを学び、その学習の理解度を測るために活用できる有用な資格です。

CCNPまでの知識を付けていれば大規模ネットワークの設計・構築が可能なレベルになります。

真面目に勉強して取得するのはとてもいい経験になるので是非オススメします。

参考書Ping-tの問題集で勉強してから試験に臨みましょう。

オススメの参考書は試験のバージョンに対応した、徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 シリーズ」です。

(スマホ問題集付)徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND1 編[100-105J][200-125J]V3....

(スマホ問題集付)徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND1 編[100-105J][200-125J]V3....

株式会社ソキウス・ジャパン
4,104円(05/19 13:28時点)
発売日: 2016/09/05
Amazonの情報を掲載しています

 

私もこの業界に入った1年目に愚直に勉強して何回も落ちて悩んだ過程がいい経験になったのでむしろ頑張る人を応援したいです。

もちろん会社が試験費用を全額負担してくれたので複数受験ができましたが、自費だったらやらなかったでしょうね。

CCNAやCCNPは「なぜ取得するのか?」この目的を明確にしてから資格を取りましょう。

 

経験者の転職面接では資格をアピールしないのが無難

先に述べた試験の市場価値低下の問題もあり、経験者がCCNAやCCNPを取得しても転職にとって昔ほど有利ではなくなりました。

なぜなら中途採用では職務経歴(経験)がもっとも重要にされるためです。

CCNAやCCNPをどのように取得したかにもよりますが、基本的に転職の面接ではアピールし過ぎない方が無難です。職務経歴書にサラッと書いておいて、聞かれたら受験した経緯や合格体験談を答えればいいです。

シスコの資格価値が下がっていることはこの業界にいる人たちはみんな気づいていますので、資格をアピールするのではなく職務経歴を中心にアピールポイントを展開しましょう。

もちろんこの意見は経験者の転職についてです。未経験ならアピールしても大丈夫です。むしろ勉強してきたことの証明としては使えます。どうやって勉強したか、どのようなことを知ったか、試験の感想など率直に意見を述べましょう。

中途採用面接でアピールするポイントについては下記の記事でまとめていますので併せてご参考にしてください。

ネットワークエンジニアの中途採用面接の受け方(経験者向け)

 

CCNA/CCNPについてのまとめ

CCNAやCCNPを安直な方法で取得しているにもかかわらず、それ相当の知識がない人はさらに印象を悪くします。

資格を取得するのはいいですが、それ相当の知識を後からでもいいので書籍を利用して身につけましょう。

ネットワークエンジニアを目指す方に読んでいただきたい3冊の本と、その読む順番について別の記事でまとめました。合わせて参考にしてください!

ネットワークエンジニアが最初に読むべき3冊の本

ネットワークエンジニアになったら最初に読むべき3冊とその読む順番

 

20代未経験ならCCNA取得は全て無料のネットビジョンアカデミーを利用しよう

新しいことを勉強するときに独学から始める方がいます。このやり方は間違っていませんが時間対効果の面で効率があまりよくありません。

ネットワークエンジニアの技術は特殊なので詳しい人に分かりやすく教えてもらう方がはるかに効率がいいのです。

30歳未満の方限定になりますが、ネットビジョンアカデミーさんのサービスなら2ヶ月間の研修と就職までのサポートを全て無料で受けられます。

研修内容はCCNAの取得支援も含んでおり、さらに驚いたのは地方から上京する方に対して、2ヶ月間のシェアハウスが賃料無料になる点です。地方から未経験で飛び出して来る方にうってつけのサービスになっています。

↓↓詳しくはこちらの記事を参考にしてください↓↓

未経験で勉強してからネットワークエンジニアになる方法(しかも無料)

 

(スマホ問題集付)徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND1 編[100-105J][200-125J]V3....

(スマホ問題集付)徹底攻略 Cisco CCENT/CCNA Routing & Switching 教科書 ICND1 編[100-105J][200-125J]V3....

株式会社ソキウス・ジャパン
4,104円(05/19 13:28時点)
発売日: 2016/09/05
Amazonの情報を掲載しています