イーサリアムのByzantiumハードフォークが成功

投稿者: | 2017年10月16日

イーサリアム「Byzantium」ハードフォーク成功

日本時間の本日14時過ぎに、イーサリアムの「Byzantium」と名付けられたハードフォークが実行されました。

Byzantiumは以前よりロードマップで計画されていたハードフォークです。

10月14日Byzantiumのアップグレード・プログラムにDosアタックに対する脆弱性が発見されByzantiumの実装は延期する可能性もありましたが、開発者が24時間体制で不具合改修を行い本日ハードフォークが行われました。

イーサリアムのByzantiumは無事順調に滑り出したようです。

イーサリアムのByzantiumハードフォークに関するcoindeskの記事翻訳したので下記に貼り付けておきます。

******

イーサリアムのByzantiumハードフォークが実行

イーサリアムのByzantiumアップグレードが完全に成功したと考えるにはまだ早すぎますが、開発者たちは数時間前に実行したソフトウェアのアップデートがいまのところ円滑に運用できていることを発表しました。

CoindeskのByzantium非公式リーリースマネージャーであるハドソン・ジョンソンは、「新しいソフトウェアは安定しており、開発者、ユーザー、およびマイナーの間で分散型ネットワークの運用が着実に始まっている」と述べました。

しかし、イーサリアムインフラへの影響も実在しており、ネットワークはまだ調整期間にあるようにも見えます。

現在、ほとんどのブロックは1秒以内でマイニングされていますが、一方で平均より25秒長くかかるブロックも存在しています。さらに、ブロックは多数のトランザクションが待ち状態となっています。

イーサリアムフォークの追跡調査によると、古いルールでのマイニングは本日終了しました。

これは去年夏に分裂したイーサリアム・クラシックのような競合通貨が導入される可能性が低いという意味で、イーサリアムにとっても肯定的なニュースです。

イーサリアム開発者のアフリ・シュドンは、「まだ誰かが古いブロックチェーンをマイニングする可能性があるが、コストが非常に高い」と述べています。

開発者とノード運用者(マイニングプールなど)は、Byzantiumソフトウェアでフォーク前日に見つかった不具合対応のため最後の最後まで改修措置を行いました。修正されたソフトウェアを時間通りにインストールするために、24時間体制で作業したとのことです。

CoinMarketCapによると、1ドル当たりの価格はフォーク開始時に多少落ちましたが、価格は直後350ドルの月最高値付近に達しました。

結局発表時には、イーサリアム価格は337ドルにまで下がりましたが、これはフォーク直前の水準と同じです。

(この記事はcoindeskの記事を翻訳したものです)
coindeskEthereum’s Byzantium Hard Fork Is Running Smoothly, Developers Say

******

 

【原文】

Ethereum’s Byzantium Hard Fork Is Running Smoothly, Developers Say

While it’s still perhaps too early to deem ethereum’s Byzantium upgrade a success, developers indicate the software update, executed just hours ago, is running smoothly so far.

Speaking to CoinDesk, unofficial release manager for Byzantium, Hudson Jameson, noted that the new software is now stable, and steadily rolling out across the distributed network, a fact he said can be attributed to “the hard work (of) developers, users and miners across the ethereum ecosystem.”

But while the impact on ethereum’s infrastructure will be substantial, it looks like the network is undergoing an adjustment period. Currently, some blocks are being mined in as little as 1 second, though others are dragging out to nearly a minute – substantially longer than the long-time average of 25 seconds per block.

Further, blocks are filling with relatively high numbers of transactions. That’s good news for scalability, as ethereum can, in theory, continue to grow without slowing down the network.

According to the ethereum fork tracker, mining on the old blockchain with the older ruleset has ceased. This is also positive news for ethereum, as it means a relatively low chance that a competing currency will be introduced, as happened last summer when a split produced the rival asset, ethereum classic.

That said, according to ethereum developer Afri Schoedon, there’s still a chance that someone is mining the old blockchain, but probably at very high cost.

In the days prior to the fork, developers and node operators (such as mining pools) were given some last-minute toil, as faults found in Byzantium software led to continuous re-releases. The issues saw ethereum developers working around the clock to get the corrected software out on time, and node operators working over the weekend to install the updated software.

At press time, a high proportion of nodes are yet to install the Byzantium update, though the figures are slowly changing and an ongoing trickle of nodes is arriving to the hard fork fashionably late.

Although the price per dollar of ether dropped somewhat in the run-up to the fork, prices peaked close to the monthly high of $350 immediately after, according CoinMarketCap. At press time, ether prices have dropped back to $337 – the same level seen immediately prior to the fork.

Correction: A previous version of this article incorrectly stated the name of the unofficial release manager for Byzantium, Hudson Jameson, as Hudson Johnston.

Ball bearings via Shutterstock