GMOコインが仮想通貨FXで新たに4銘柄(ETH、BCH、LTC、XRP)を追加

投稿者: | 2018年5月30日

GMOコインが仮想通貨FXで新たに4銘柄(ETH、BCH、LTC、XRP)を追加

GMOコインが本日(2018年5月30日)から、ビットコインFX(BTC/JPY)に加え、ETH/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY、XRP/JPYの合計5銘柄を仮想通貨FXで取引できるようになりました。

気になるレバレッジは、ビットコインで10倍まで、他のアルトコインで5倍までになっています。

銘柄名レバレッジ
ビットコイン
(BTC/JPY)
5倍・10倍
イーサリアム
(ETH/JPY)
5倍
ビットコインキャッシュ
(BCH/JPY)
5倍
ライトコイン
(LTC/JPY)
5倍
リップル
(XRP/JPY)
5倍

FXということなので空売りもできるようになりますし、「仮想通貨衰退していくだろう派」の人たちにもいいのではないでしょうか。
最近はビットコインキャッシュなんかはボラティリティ大きくなっているので、仮想通貨ギャンブラーの人たちに人気が出そうですね!!

 

GMOはマイニング事業もやってます

ちなみにGMOは2018年にビットコインとビットコインキャッシュのマイニング事業も開始しています。

ハッシュレートも順調に伸びていますし、ビットコインが再び時価総額を伸ばした時に一気に世界中で注目される企業になりそうですね。
中国優勢のマイニング事業で、日本という不利な環境で対等に戦っているのはすごいことです。

GMOは2018年度内に、4月現在の241PH/sの10倍以上となる3,000PH/s まで投資をする計画とのことです。
(ハッシュレート1PH/sは、1秒間に1ペタ(1,000 兆)回ハッシュの計算を行なう計算能力)

GMOが開発したマイニングチップ「GMO miner B2」に関する記事はこちらからどうぞ!

GMOインターネットが次世代マイニングマシン「GMO miner B2」の発売を発表

 

GMOは株価も続伸中

GMOインターネット(株)の株価

GMO株価

GMO株価

GMOは2018年に入ってからも、順調に株価を伸ばしています。
今後も仮想通貨事業を推進する企業として成長していってほしいですね。

ポートフォリオに仮想通貨の割合が増えすぎている人は、GMOのような仮想通貨事業に参入している企業の株に変えるのも1つの手段です。
投資はいかに精神を消耗させないかが鍵ですから。

精神を消耗しない投資として、期待できる企業の株やインデックスファンド系の投資信託がオススメですよ。
特に本業がトレーダーでない人は、短期ではなく中長期目線で投資をしましょう。

あとロボアドバイザーやるくらいならアクティブファンドにしましょうね。
>過去記事:ロボアドバイザーやるくらいならアクティブファンド買った方がいいよ

では、また。