Tether(テザー)から30億円がハッキングされる – ビットコイン市場への影響は?

投稿者: | 2017年11月22日

2017年11月19日に、米ドルに連動するペグ通貨Tether(USDT)を発行するTether(テザー)社は、同社のTreasuryウォレットが外部からの攻撃を受けたと発表するとともに、犯人の使用したビットコインアドレスを公開しました。
Tetherは香港を拠点とする会社で、フィアットマネーとそれにペグする仮想通貨を発行することで、銀行間送金をスムーズにするサービスですが、そのUSDにペグしているUSDT30億円程度がハッキングされたとのことです。

騒動の発表後に一時ビットコインが売りに押される展開がありましたが、現在は収束し再び過去最高値をつけたのでそれほど懸念する材料にはなりませんでした。
数年前であれば、この金額大きく騒がれてもおかしくありませんが、現在の環境では、この程度の額であれば本格的な売りの材料にはならなかったようです。

Tetherは、同社のサービスを組み込む企業やウォレットプロバイダーなどに、Omni Layerのソフトウェア「Omni Core」のアップデートを行うようアナウンスしています。
この対応は事実上のハードフォークとなり、ハッカーのアドレスから送られるTetherは監視するとともに無効化するとしています。
同社は盗まれたTetherの復元作業にも取り掛かっており、盗まれた分のTetherを新たに発行するようです。

下記にTetherが今回の件で公式にTether社が自社ホームページで案内した文章の翻訳をメモしておきます。

11月19日、悪意のある外部攻撃により、弊社Tether(テザー)から不適切に資金を盗まれました。

Tetherは2017年11月19日に$30,950,010(USDT)を攻撃者によって許可していないビットコインアドレスに送付されました。
TetherはUSDTで管理された資産の発行者のため、ここで盗まれたトークンをUSドルに償還することはありません。
また、より広範なシステムへの攻撃を防ぐためにこのトークンの回収を試みています。

攻撃者は以下のビットコインアドレスで資金を保持しています:
16tg2RJuEPtZooy18Wxn2me2RhUdC94N7r

もし上記のアドレスからUSDTトークンが送られてきた場合は、USドルに償還されないように監視していますので、受け取りを許可しないでください。

この問題に対処するために、Tetherは以下の手順をとりました。

1.Tetherのウォレット一時的に凍結させます。今後も同様の手段がとられないように攻撃の原因を徹底的に調査していきます。

2.Omni Coreの新しいビルドをコミュニティに提供します。(Omni CoreとはOmni LayerトランザクションをサポートするためにTetherで使用されるソフトウェアです。)
これらのビルドは盗まれたコインが攻撃者のアドレスから移動するのを防ぎます。攻撃者からのコインの受け取りを防ぐために、Tetherのサービスを統合するすべての企業やウォレットプロバイダーはこのソフトウェアを至急インストールしてください。
繰り返します、攻撃者のアドレスからのトークンはすべて償還いたしません。
したがって、すべての償還、ウォレット、その他のTetherサービス提供者は、損失を防ぐためにこのソフトウェアを至急インストールしてください。

https://github.com/tetherto/omnicore/releases/tag/0.2.99.s

このソフトウェアは現在実行中のOmini Coreクライアントに、同意のうえ変更をもたらします。事実上、一時的なハードフォークとなります。
このビルドを実行しているTetherサービス提供者は、攻撃者のアドレスからトークンの送受信を受け入れず、これを遠ざけることができます。

3.われわれはOmni Foundationと協力して、Tetherが上記のソフトウェアによってハードフォークしたトークンを再び利用できるように調査を行っていきます。

4.このプロトコルの拡張が完了したら、Omni FoundationはすべてのTetherサービスプロバイダーに、インストールするためのアップデートしたバイナリを提供します。
これらのビルドは、上記で提供されたバイナリに取って代わるものです。 Omni Layerへのアップグレードが行われた後、Tetherは盗まれたトークンを回収してウォレットに戻します。

Tether発行は今回の攻撃は受けておらず、すべてのTetherトークンは完全に守られています。
唯一償還されないのは、11月19日に盗まれたもののみです。
これらのトークンも、Omni Layerの拡張が完了次第返却いたします。

できるだけ最新の情報を提供し、コミュニティの辛抱、理解、サポートに感謝し、状況をすべての人に最良の方法で解決させるよう努めています。

The Tether Team